mimoza のすべての投稿

話しやすい人、人当たりの良い人

士業営業コーチの鹿内節子です。

この人と話していると気持ちいいな~という

人はどんな人かというと・・・・

すぐに否定しないんですね。にこにこ話を

聴いている。うんうんとうなづいてくれる。

受け入れてくれる。そんな感じが心地よいのです。

その一方で、話ずらいな~という人は

すぐに話の腰を折る、でもね!という。

自分の話に持ち込んでしまう。私が、私がの人。

こんな人は、話しづらいです。

しゃべりたがりは、煙たがられるのです。

 

人に会う人 会わない人

士業営業コーチの鹿内節子です。

士業にもいろいろ種類がありまして、

もっぱら事務所内で事務処理をしていると

対人関係能力が衰えてきます。未知の人と

お会いして話をする能力が開発されません。

パソコンに数字入力をしているだけの職員には

打ち合わせが苦手なかたもいます。

その一方で、細かい事務処理が苦手で人と話して

交渉するほうが得意な士業もいます。

ひとり士業事務所や独立したばかりの場合は

ひとりで営業、事務職員もこなさなかればなりません。

①仕事獲得をする ②事務処理をする

この優先順位を続けていくには、なるべく未知の人と

お会いして会話するチャンスを作ることです。

実践に勝る道はなし。

4人の税理士さんいろいろ

士業営業力UPコーチの鹿内節子です。

ある場所で、4人の税理士さんにお会いしました。

税理士さんの数は、今やコンビニより多いのです。

名刺に写真あり  1/4 お顔が思い出せるのは一人です。

お写真は笑顔なのですが、会合では笑顔がなかったです。

とても良いお話をされた年配の税理士さんですが、

業務内容が具体的でした。「銀行融資、資金調達」など

経営者が喜びそうなお話でした。

もう一人は、「国税にいました」というだけで、業務内容が

話されませんでした。今や、それほど魅力ある言葉とも

思えません。

また、配布される名簿には、「税理士、士業」とあるだけで

具体的な業務の記載がなかったです。

やはり、差別化、他の事務所と違う特色がありますよ!

というお客様に刺さる魅力を持っているかたは、1/4でした。

わたしが、お客様をご紹介しようかなと思ったのは、

「業務をわかりやすく説明して、紹介されやすくする」この

視点をもって努力している税理士さんが仕事をゲットする

でしょう。

こんなことをまわりの所員は、だれも言ってくれないでしょうね。

営業力は、あらゆる角度からお客様から観察されているのです。

サムライ業(士業)営業の悩み

士業営業コーチの鹿内節子です。

弁護士 税理士 社会保険労務士 行政書士

司法書士 など 〇〇士と言われる資格業の人は

営業が苦手です。もともと営業が苦手なので

国家資格を取り、自動的にできあがっている

ビジネスモデルの中で事務職などをやりたくて

業界に入ってきた人が多いです。

しかし、時代の流れで顧客企業は減少

少子化、士業資格者の増大により、顧客を

増やすことが難しい時代に突入しました。

そんな士業の悩みを解決するために

士業営業コーチングを始めました。